動画を見た際の男性の説明と視聴した側の理解度

動画を見た感想ですが、まず説明している男性の目線がカメラ目線でない為、自分の言葉ではなく、台本を読んでいるように少しばかり強く感じます。

話の口調も子供に対して接する、つまり、(ね)と言う表現が動画を見る大人に対して違和感を感じました。

尚且つ声のトーンなのか、時より声が小さくなるので聞きづらく感じます。

服装に関しても仕事着なのでしょうが上のボタンが空いている、仕事着が体にフィットしていない、胸ポケットに名札があるなら、きちんと視聴者に見える形でないと(この方は誰なんだろう)等、思わされます。

しかも最初の冒頭から何をもって痛いのかが分かりづらい部分があります。

具体的な皆さんでも分かるような専門用語もお使いになられたらと思いました。

言葉使いで気になる箇所は(マシ)と言う表現が専門分野で活躍なさっている方とはあまり思えなくなる感覚になります。

肌の強さに関しても事例を挙げていらっしゃいますが、どのような方が痛みを強く弱く感じるのかがハッキリしない為、こちらが動画を見てる際に私は感じてしまいます。

肌と言っても箇所によると思います。

鼻の当たりなのか、口元の辺りなのか、おデコの辺りなのかかハッキリしない為に肌の痛みと言われても本人が感じているお肌の痛みの箇所を、例として挙げてもらわないと分かりません。

そして乾燥する時期に対しておっしゃっられていましたが寒い時期は乾燥は当たり前であり何度、つまり例として言うと10°なのか7°なのかがハッキリ伝わりません。

動画を見る際に私達は素人に等しく口コミやらで知識を拾います。

ですが、分からない領域では専門家の知識が欲しくなります。

ですが、動画を見ていると私達が分かっている領域でのお話に感じとれます。

つまり、お肌に何が身時に効果的かを伝えてもらわないと、いざ専門医にかかる際、自身の説明不足になり原因が突き止められないのではと私は思いました。

最後に最初にご説明した内容と最後に説明した内容が繰り返ししているなと思いました。

何が痛みなのか、細かい説明が欲しくなります。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ